製品紹介
プッシュロッドパルスコーダ
HOME商品紹介 > プッシュロッド
プッシュロッドパルスコーダ
プッシュロッドパルスコーダ

仕様

仕様

標準セット内容

  • センサ本体
  • アンプ(CV05)
  • 電源/信号ケーブル(2m)

型式表示

形式表示

仕様図

形式表示

形式表示

形式表示

取付方法、注意事項

  • 本センサは磁気を利用したセンサの為、金属の穴やパイプなどにセンサを挿入すると、出力が変動する場合があります。
  • 固定の際には仕様図に記載されている「センサ固定部(固定範囲)」で 把持してください。その際、止ネジなどで局所的な締め付けを行うと、センサが破損する場合があります。
  • 同種のセンサを近接して複数軸使用する場合は、出力に干渉ノイズが発生する場合があります。その場合は50mm以上の間隔を空けて設置してください。また同じ導体(金属筐体)に複数軸設置される場合も、干渉ノイズが発生する場合があります。その場合は、各センサを筐体から絶縁してください。
  • センサ間隔が取れない、絶縁が出来ない等の状況での干渉防止については、アンプ側での同期運転や専用アンプの製作を承ります。

出力特性

CLP35-008-1

特性代表例

お電話でのお問い合わせ TEL.075-325-2888 メールでのお問い合わせはこちら
このページのトップへ