TOP製品 > コンタクトリニアパルスコーダ

コンタクトリニアパルスコーダ

CLP80-020

特徴

リニアベアリングの採用により摺動回数:1,000万回を実現。
内蔵センサは、磁気センサにつき、耐環境性に優れます。
コンタクトリニアパルスコーダCLP80-020

仕様

型式 CLP80-020
センサ直径(mm) φ8
測定範囲 20㎜ ※可動範囲:24mm
機械的応答性 約16Hz
測定力 Max.1.7N (下記グラフ「測定力ー出力特性」参照〔下向き設定時〕)
直線性 ±1.5%/FS以下
温度特性 1%/FS以下(0~60℃)
使用温度範囲(℃) -10~70
引出ケーブル 長さ(m) 1.5
外径 Φ2.4ツイストペアシールドケーブル

測定力ー出力特性表

測定力ー出力特性表

外形図

外形図

CLP35-008

特徴

極細センサを内蔵することにより、直径φ3.5mmのプローブ
を実現。
内蔵センサは、磁気センサにつき、耐環境性に優れます。
コンタクトリニアパルスコーダCLP80-020

仕様

型式 CLP35-008
センサ直径(mm) φ3.5
測定範囲 8㎜ ※可動範囲:10mm
機械的応答性 約10Hz
測定力 Max.0.6N (下記グラフ「測定力ー出力特性」参照〔下向き設定時〕)
直線性 ±2%/FS以下
温度特性 ±1.5%/FS以下
使用温度範囲(℃) -10~70
引出ケーブル 長さ(m) 2
外径 Φ1.3ツイストペアシールドケーブル

測定力ー出力特性表

測定力ー出力特性表

外形図

外形図

取付上の注意

・上図のセンサ固定部以外では金具やネジ等での締付は行わないでください。
・ハッチング部に、センサ本体を取り囲むように金属が有ると出力電圧が低下する場合があります。
取付上の注意

アンプ(CV05/CVS5)

仕様

型式 CV05 CVS5
CVS5(樹脂ケースタイプ)
電源電圧 DC12~24V ±10% DC9~16V ±10%
消費電流 40mA以下
出力電圧 アナログ出力 DC1~5V
分解能 ストロークに対して約1/2000
応答性 約4kHz(-3dB)
使用温度範囲 -20~80℃(結露無き事)
温度特性 0.025% of FS/℃以下(0~60℃@測定範囲の中心)

外形図

CV05
CV05外形図
CV05外形図
CVS5
CVS5外形図
CVS5外形図
CVS5(樹脂ケース内蔵タイプ)
CVS5(樹脂ケース内蔵タイプ)外形図
CVS5(樹脂ケース内蔵タイプ)外形図

(オプション)CV05同期ボード

目的

同型式のセンサを複数台使用した場合に、出力に周期的な干渉ノイズが発生することがあります。
この現象の対策として各アンプの信号発生回路を同期することによりノイズを低減します。

ラインナップ

2軸用
CV05同期ボード2軸用
CV05同期ボード2軸用
4軸用
CV05同期ボード4軸用
CV05同期ボード4軸用
6軸用
CV05同期ボード6軸用
CV05同期ボード6軸用

使用上の注意

・センサとアンプは、同じシリアルナンバーのものを接続しお使いください。
・マスターアンプは、固定です。
・スレーブアンプ単独では、動作致しません。
・スレーブアンプは、同型式の場合、接続台数を減らしての動作が可能です。

出力・電源ケーブル

接続構成

出力・電源ケーブル接続構成

標準仕様

ケーブル:専用4芯ケーブル(長さ:2m)
端末処理:アンプ側・・・コネクタ付き/計測器側・・・切りっ放し
出力・電源ケーブル標準仕様

(端末処理例)※各種コネクタ取付承ります

(信号側)BNC変換ケーブル付

出力・電源ケーブルBNC変換ケーブル付

(信号側)BNC変換ケーブル+(電源側)バナナプラグ

出力・電源ケーブルBNC変換ケーブル+(電源側)バナナプラグ

(信号線)多治見無線製コネクタ付

出力・電源ケーブル多治見無線製コネクタ付

コンタクトリニアパルスコーダ お問い合わせ

    ※印の項目は必須です
    ※下記フォーム送信後、カタログをダウンロードいただけます

    メールアドレス
    会社名
    部署名
    役職
    お名前
    フリガナ (全角カタカナ)
    郵便番号 (半角数字7桁)
    ご住所
    電話番号
    ご要望複数選択可
    お問合わせ内容